記憶力との因果関係

なぜ記憶力が悪いのか?

記憶力が悪いということを「仕方ない」とあきらめている方もいるのではないでしょうか。しかし、記憶力が悪い原因はいくつかあり、それらは改善することができるのです。まず、多くの人にある記憶力が悪い原因は、「苦手意識」です。英語も挙げられますが、英語が苦手という人が外国人に話しかけられると、頭が真っ白になります。苦手意識があると、物事を記憶しようとしても、脳が記憶をしようとしないのです。

 

他にも、多くある記憶力が悪い原因は、意味を持って記憶しない事です。学生時代、試験勉強時に単語を繰り返し暗記しても、忘れてしまうという経験がある人が多いと思われます。記憶とは、短期記憶で蓄えられ、長期記憶へと移ることで覚えられます。単語の繰り返しは、短期記憶で留められ、長期記憶へと移らないので忘れてしまうのです。

 

これらは、多くの人が抱える記憶力が悪い原因ですが、解消する方法もあります。記憶にとって重要なことが「イメージを持つこと」です。例えば、「1192年鎌倉幕府」という言葉を覚えるときも、「いいくにつくろう鎌倉幕府」と覚えた人も多いでしょう。このように、単語や言葉にイメージを乗せることで、長期記憶に蓄えられるのです。他にも、記憶に良いとされる食材をとりいれ、適度な運動を行うと脳も活性化します。記憶力が悪い原因は、ストレスを抱えることと言えるかもしれません。


FXトレードネット

川村明宏のジニアス記憶術 返金保証付はこちら!