記憶力アップする食事

記憶力と食事について

近年、「青魚は脳にいい」とか「チョコレートは脳を活性化させる」といった言葉を良く見ます。実際に、記憶力と食べ物の関係はあるのでしょうか。脳は、神経伝達物質によって脳内の情報処理や神経のコミュニケーションをとります。しかし、栄養素が不足するとこれらのコミュニケーションのバランスが崩れ、脳が十分に機能しなくなるのです。

 

記憶力アップにつながる栄養素がビタミンB群であり、これは雑穀や緑黄色野菜、豆類に含まれています。また、青魚が脳にいいといわれるのも、オメガ3脂肪酸が多く含まれているからです。このオメガ3脂肪酸は、加齢に伴う記憶力の減退を防ぎ、アルツハイマー病を防ぐ働きがあるといわれているからです。他にも、チョコレートは脳への血流を増やし脳を活性化させ、ブルーベリーは筋肉の機能や記憶力減退を改善する働きがあります。このように、記憶力と食べ物の関係は深く結ばれており、どれも日ごろから簡単に取り入れることが可能な食材ばかりです。

 

しかし、気を付けなければならないのがバランスです。記憶力と食べ物の関係性ばかりに気を取られてしまし、カロリーオーバーにつながったり、食生活が偏ったりする事もあります。日常生活の中で、バランスのいい食事生活が脳に良いのではないでしょうか。


FXトレードネット

川村明宏のジニアス記憶術 返金保証付はこちら!