生命の樹を使って暗記する

ユダヤの思想から生まれた記憶術とは?

暗記を得意にしようと記憶術を学んでも思うように習得できなかったり、覚えられなかったりすることはありませんか。記憶術はいくつかありますが、特別な才能が必要ないものがほとんどです。普通の人でも習得できるはずですが、上手くいかなかったりすることもあります。そこで、おすすめなのがユダヤ式記憶術という手法です。長期間にわたり記憶に定着して、思い出すのが容易といった特徴があり、試験に向いている記憶術なのです。ユダヤ式記憶術は、司法試験などの難関資格の取得や東京六大学などの難関大学の受験に適していると考えられます。試験で使えない記憶術を身に付けても意味がありません。

 

ユダヤ式記憶術であれば試験に受かることを前提に作られているので安心です。暗記は面白くないので、苦手意識を持っている人が多いです。もちろん、特別な才能がなくてもユダヤ式記憶術を使いこなすことはできます。ユダヤ式記憶術は、ユダヤ教のカバラ思想やヘルメス学の影響を受けた記憶術だといわれています。専門的なことで難しいですね。どのような原理でユダヤ式記憶術が成り立っているのか知りたい場合は、カバラ思想やヘルメス学について学んでみるといいでしょう。大学で個別に履修でもしなければ学習する機会はないと思われます。生命の樹という概念がキーポイントになります。詳しくは教材内で学習する必要がありますが、インターネットで調べても、だいたいのことは分かります。興味があったら、調べてみるといいでしょう。やはり、難関大学や難関資格を突破するためには、試験に強いユダヤ式記憶術がお勧めになります。


FXトレードネット

川村明宏のジニアス記憶術 返金保証付はこちら!